速読トレーニングで時間短縮、効率アップを目指す

  • 速読できるようになると

速読とは、その名の通り「速く読める」ようになること。

仕事でもプライベートでも、文字を読む作業はたくさんありますが、

それが速く読めるようになれば、時間も短縮されるし、仕事効率もアップします。

 

私の場合は、過去に公務員として働いていた時に

毎日大量の文献を読む仕事でしたので、特に速読術をトレーニングすることなく

体が慣れていったというか、自然と速く読めるようになってきました。

今でも普通よりは速く読める方なので、

本屋さんに行って、興味ありそうな本は、

薄いものであればその場でざっと立ち読みして

内容をほぼ理解できちゃいます。(←本屋さん、すみません(^^;)

 

ただ、私の独学の速読は、速いだけで流し読みなのです。

全部の文章をしっかり読んで理解してるか、というと、答えはNOで

ざっと読んで、言いたい事と内容が理解できる、というもの。

 

本来の「速読」は、全ての文字を速く読んで、内容もしっかりと理解することで

流し読みとはまた別のものになります。

 

  • 速読トレーニングとは

では、本物の速読が出来るようになるには、

どのようなトレーニングが必要なのでしょうか?

 

(1)読視野を広げる

読視野とは、文字を捉える時に「一度に捉えることの出来る範囲」のことです。

日本人の平均は3~4文字と言われていますが、

トレーニングすることで、5~6文字、7~8文字と範囲を広げていきます。

いわば、読み方のフォームを改善する感覚です。

 

実際に文字を見る時に、視野を広くするように意識するだけでも

効果が出てきますが、ゲーム感覚で鍛えることも出来ます。

 

★無料速トレ 速読トレーニングサイト

http://www.sokudoku.org/

視野拡大トレーニングを繰り返すことで、読視野を広げる練習になります。

 

(2)目の動きをスムーズにする

読視野を広げたら、次は目の動きです。

 

読視野で複数文字を捉えると、目はいったん、動きを止めます。

この視線が止まっている「視点停留時間」は、日本人の平均では0.25秒で、

そこから次の固まりに移動する動きを「視点飛躍」と呼び、

移動には平均0.02秒かかるそうです。

 

つまり、

・読視野を広げ

・視点停留時間を短縮して

・視点飛躍にかかる時間も短縮

すれば、速読することが出来ます。

 

目の動きをスムーズにするには、目の筋トレが必要になります。

眼筋ストレッチ運動は、

①両手にペンを持ち、腕を肩の高さまで上げたら、正面を向いたまま、視野に入るギリギリの位置まで腕を広げる。
②そのまま顔は動かさず、目の動きだけで、左右のペンを交互にじっくりと見る。
③さらに同様のトレーニングを左右だけでなく、上下、遠近についてもおこなう。

 

  • 脳内視力、知ってますか?

速読とは少し離れますが、「脳内視力」という言葉を聞いたことありますか?

人は、右眼と左眼で見たものがそれぞれ別々に脳に届き、

それが脳で一つの映像になるように処理されます。

速読の「読視野」で捉える範囲が、左眼と右眼で違っている人が

実は3人に1人いると言われていて、そのズレを脳で補正しています。

 

補正すれば、きちんと両目で見たものは映像として捉えることが出来ますが、

脳はこの調整をすることで神経を使って疲れてきます。

眼の疲れ、頭痛、ひどい肩こりなどの症状がある人は、

この「脳内視力」に問題がある可能性があります。

 

普通の視力検査では、この左右の眼のズレを測定してくれないので

メガネを作る時には片目ずつの視力調整のみにしか対応できませんが、

左右のズレも実はメガネで調整することが出来るので、

眼の疲れが激しい人は、一度脳内視力について検査して

調整してみることをオススメします。

 

  • 脳も活性化、速読のメリット

速読が出来るようになるとどのようなメリットがあるでしょうか。

 

(1)時間短縮、仕事の効率アップ

まず単純に、読書する時間が短縮できますので、

仕事であれば、同じ時間で今まで以上の量をこなすことが出来て

効率アップしますし、インプットできる情報量もアップできます。

 

(2)脳も鍛えられる

速読は脳を鍛えるトレーニング、脳トレとしても推奨されています。

先ほどあげた速読のトレーニングは、脳トレで使われているものと同じです。

日本速脳速読協会が実施したアンケートでは、

速読によって記憶力、集中力、思考力のアップを実感した人が多いそうですし、

また、学習塾の調べでは、読書速度が速い生徒の方が偏差値が高く、

志望校への合格率も高いそうです。

 

(3)視野が広がることで注意力もアップする

速読のトレーニングをしていくと、視野が広がっていくことで

今まで気付かなかったこと、目に入ってなかったことも見えるようになり

日常生活における注意力もアップさせることが出来ます。

実際に、運転しているときに視野が広がっていたことで

事故を回避できたという方もいるそうです。

 

速読をマスターすることで、メリットは他にもたくさんありますが、

「意識する」ということが最も大切だということです。

速読のトレーニングも、今より成長したいという意識がなければ

調べることもない、知ることもない、挑戦してみることもないので、

昨日の自分より、今日の自分が1mmでも成長できるように

毎日意識していきたいですね♪

 

貧乏脳から金持ち脳へ お金が貯まる脳へ変わるトレーニング

  • 貧乏脳と金持ち脳

つい無駄使いをしてしまって、

なかなかお金が貯まらない貧乏脳と

脳をうまく使って、

お金をきちんと貯める金持ち脳。

 

あなたはどちらに当てはまりますか?

 

  • 貧乏脳の特徴

貧乏脳の人は、無駄使いが多い傾向があります。

無駄使いの例と、その時の脳の状態を考えてみます。

 

(1)ルーチンワーク、リピート買いをしてしまう

毎朝、会社に行く途中にコンビニでコーヒーを買うとか、

毎月定期購買で効いてるかどうかわからないサプリを買うとか、

日々の習慣で何も考えずに買い続けてしまうことがあります。

脳は怠け者なので、楽をしようとして、出来る限り考える事を拒否します。

この時も「本当に今の自分に必要か?」ということを考えることを拒否して、

何も考えずに毎回同じ行動をして、結果的に必要のないものに無駄使いです。

 

(2)人気ナンバー1や、限定発売に弱い

お店に行って「当店人気ナンバー1」や「期間限定発売」のポップを見ると

ついつい買ってしまうこともありませんか?

この時も、脳は省エネで考えることを放棄して、

客観的判断をせずに、無駄使いをすることになる可能性が高いです。

 

(3)夜中のショッピングで衝動買いしてしまう

真夜中のテレビショッピングでは、なぜあんなにも商品が欲しくなるのか。

夜中にネットサーフィンしていると、つい買い物してしまう。

こんな人も多いのではないでしょうか。

一般的に、昼間活動していた脳は、夜には疲れています。

疲れた状態をリフレッシュするため、気分転換をするために

脳は刺激を求めていて、その時にネットやテレビで商品を見ていると

欲しいかどうか、必要かどうかの判断ではなく

刺激が欲しくてつい買い物をしてしまう事が多いです。

 

(4)流行や周囲に流されて買ってしまう

自分の趣味ではなかったり、特に欲しいと思っていない商品でも

流行しているとか、周りのみんなが持っているからという理由で

つい無駄使いしてしまうこともあるでしょう。

脳は、右脳で周囲、環境について考え、左脳で自分について考えるので

周囲に流されやすい人は、左脳が弱いかもしれません。

自分自身について理解できていないのです。

 

 

  • 金持ち脳の特徴

では、金持ち脳はどのように脳を使っているのでしょうか。

 

(1)感情に流されない、自分をコントロールできる

周りの意見や流行に左右されず、自分の脳で判断して

自分の行動をコントロールすることが出来ます。

 

(2)理解力が高い

自分に対する理解力、他人が話すことへの理解力、

商品説明への理解力などが高いと、

買ってからやはりいらなかったとか、自分には合わなかったなどの

無駄使いの買い物はしないです。

 

(3)記憶力が高い

「以前は980円で売っていたから、1200円は高い」など、

以前買った時の値段や店頭での価格などをしっかり記憶していると、

高値で商品を掴んでしまう無駄使いは少なくなります。

 

(4)表現力がある

例えば店員さんに、自分が欲しい物を探してもらう時も

表現力が高ければ、自分の希望を明確に伝えることが出来ます。

うまく伝わらなくて、希望とは少し違うものを買ってしまうと

結果的に無駄使いになることもあり得ます。

 

(5)視覚や聴覚を使った注意力がある

注意力があれば、商品を誤解して買うなども事もなくなります。

 

 

  • 貧乏脳から金持ち脳に変わるためのトレーニング

では、無駄使いしてしまう貧乏脳から、

お金が貯まる金持ち脳になるためには、

どのようなトレーニングをすればいいのでしょうか。

 

(1)脳に刺激を与える

新しいことにチャレンジしたり、毎日の駅までの道順を変えてみたり、

何か脳に刺激を与えましょう。

刺激が足りていれば、無駄使いという刺激を脳が必要としなくなります。

 

(2)脳を休ませる

脳が疲れていると正常な判断が出来なくなるので、

脳をきちんと休ませてあげることも大切です。

上質な睡眠をしっかりと取るとか、

日常では深呼吸をして、脳に酸素を多く取り込むことも効果的です。

また情報が多すぎると脳疲労になりやすいので、

インプットしたらアウトプットして、脳を整理してあげることも

脳を休ませることに繋がります。

 

(3)脳を暴走させないようにコントロールする

1日のスケジュールを決めて、その通りに行動してみるといいでしょう。

感情に流されずに、自分で決めたことをやり通すことで

脳を暴走させない、コントロールするトレーニングになります。

 

(4)多くの人とコミュニケーションする

普段よくいる仲間だけではなく、年齢、性別などがバラバラの人達や

全くの初対面の人達など、出来るだけ多くの人とコミュニケーションしましょう。

会話することで、自分の表現力を磨くトレーニングになり

相手の話を聞く、表情を見ることで注意力が高まり、

また相手の話を理解する力も伸ばすことができます。

 

(5)過去を振り返る

過去のアルバムを見て、記憶をよみがえらせてみることは

記憶力のトレーニングになります。

もっと簡単に、夜になったらその日を振り返って、

何をやったのか、どう思ったのかを思い出すことも良いですし、

そこで一日頑張った自分を褒めてあげると、脳はさらに活性化します。

 

脳は鍛えれば、いつでもどれだけでも変えることが出来ます。

日々の生活習慣を見直して、脳を上手にコントロールしていきましょう!