寝ても疲れが取れない、朝がだるい原因と改善方法

朝起きても、疲れが取れてない、

寝ても寝ても眠い、

朝から体がだるい、

頭が痛かったり、足が重かったり、

スッキリと起きられない人のための

原因と改善策について考えてみます。

なぜこの話題を書こうかと思ったかというと、

私がまさにこの「寝ても疲れが取れない人」だったからです。

ですが、原因を考えて、改善策を試したら、今はかなり疲れが取れるようになりました。

寝ても寝ても眠い、朝からだるい人の苦しみがよくわかるので、

一緒に原因と改善策を考えて、少しでもお役に立てればと思います。

 

  • 寝ても疲れが取れない原因

(1)自律神経の乱れ

自律神経には、自律神経は、内臓や血管の働き、呼吸や消化など、無意識でコントロールしている活動を調整する神経で、「交感神経」と「副交感神経」があります。

交感神経は、

緊張している、活動している、ストレスを感じている時に優位になり、

副交感神経は、

休息中、リラックスしている、疲労回復している時に優位になります。

 

睡眠中では、副交感神経が優位になるのがベストですが、

寝ても疲れが取れない=疲労回復できていない人は、

寝ている間も、交感神経が優位になっている可能性が高いです。

 

(2)体内時計の乱れ

太陽と共に生活するのが、人間の体には一番合っているので、

夜更かしして朝になってから寝る生活をしていたりすると

体内時計が乱れて、睡眠の質が下がっている可能性があります。

 

(3)睡眠環境の乱れ

例えば、部屋の電気を付けたまま寝てしまっているとか、

スマホが頭のすぐ横に置いてあるとか、枕の高さが合っていない、

物があふれた汚い部屋で寝ている、

暑かったり寒かったりと温度湿度が不快である、など

睡眠環境が乱れていれば、安眠できずに疲れも残ります。

 

(4)運動不足

運動不足も原因の一つです。

適度な運動をしないと、筋肉が衰えて疲れがたまりやすくなったり、

あとは運動することで体内に大量の酸素を取り込むことが出来ないので

それもまた体の疲れが取れにくくなります。

 

いくつか当てはまるものがあったでしょうか?

 

  • 睡眠で疲れが取れるようになるための改善方法

(1)規則正しい睡眠

1日の1/3を睡眠として使うのですから、

仕事優先の考え方にプラスして、睡眠の優先順位もあげてみてください。

 

寝る時間のゴールデンタイムは、22時ー24時と言われています。

その時間に寝ることができように、

逆算してその日のスケジュールを立てるといいです。

 

ただ単にこの時間に寝ようと思っているだけでは、つい用事が出来たり

仕事したり、LINEの返事をしたり、であっという間に日付が変わることは

ものすごくよくありますから。 ←自分の反省も込めて(笑)

 

睡眠時間は90分サイクルが良いとされているので、

6時間睡眠、またはそれで足りない人は7時間半睡眠がベストです。

 

(2)快適な睡眠環境

正しい枕とベッドの選び方について、知っておくといいでしょう。

■自分にぴったりの枕を見つけよう(東京西川)

http://www.nishikawasangyo.co.jp/sleep/knowledge/18.html

■プロが教える正しい枕の選び方(ふとんやHanzam)

http://www.futon-hanzam.com/427

 

また、部屋の温度を快適にするために

冬はたくさん布団をかけたり、寝具で寒さは調整できますが

特に都会の夏の暑さは、エアコンか扇風機が手放せません。

 

扇風機を夜中かけていると死ぬよ、というのは聞いたことあるかと思いますが、

それはエアコンでも同じで、睡眠中身体に風をあてっぱなしで体が冷えるため、

死ぬと脅してるのかもしれません。

扇風機の効果的な使い方は、足元に扇風機を置き、首振りモードにして、

風を体に向けずに反対側の壁に向けます。

壁にあたった風が優しいそよ風に変わって、身体のあら熱をとってくれるのです。

 

そして、一番効果的だった改善策は、

「スマホを自分から3m以上離して寝る」です。

スマホからの電磁波がスゴイ事はご存じだと思いますが、

これが頭の近くにあることは、大きなストレスにもなります。

 

スマホのアラームで朝起きている人は、まず目覚まし時計を買いましょう。

アラームは目覚まし時計にお任せして、スマホは自分より遠い場所で充電です。

それだけ、ですが、朝起きた時のスッキリ感はスゴイので

ぜひ試してみてください。

 

(4)生活の改善

食生活は、食べ過ぎない事、腹八分目以下にすること。

これが大事でしょう。

バランスよく食べましょう、はよく聞きますが、

テレビで良い食材と紹介されても、

その食材が万人に対して良いことはあり得ません。

 

また、ウォーキングなどの軽い有酸素運動して、

足腰の衰え、筋肉量の低下を止めると、疲れが取れやすくなります。

 

あとはぬるめの湯船にゆったりと浸かって、

リラックス効果で副交感神経が優位になりやすい状況を作ります。

 

全ての健康は、血流と高体温だと言われているので

夏でもシャワーだけで済ませずに、湯船に入ってゆっくりと温まり

血流の改善と、冷え性改善しておくと、疲れが取れやすいだけでなく

病気になりにくくなります。